R

facebook公式ホームページを開設しました。

  当社のfacebook公式ページを開設しました。
  下記のリンクから、RIO+20に出展中の最新情報を、是非ご覧ください。

   facebook公式ホームページ:http://www.facebook.com/BGCT.KK


Environmental Sustainability KTNに“RppwF®TM”が紹介されました。

  知識移転ネットワーク(KTN: Knowledge Transfer Network)とは、英国政府、産業界、学会により設立
 ならびに資金提供されている団体で、現在16のKTNが存在し約50,000名がメンバーに加入されています。
  その中でもEnvironmental Sustainability KTNにおいて「RppwF®TM」が紹介されており、今後、英国内
 で「RppwF®TM」R&D設立とが期待されます。
 下記のリンクから、HPと「RppwF®TM」の紹介資料をご覧ください。

  H    P:https://connect.innovateuk.org/web/sustainabilityktn
  参考資料:https://connect.innovateuk.org/c/document_library/



UNEP-AIST(国連環境計画-(独)産業技術総合研究所)において“RppwF®TM
(特許庁第4類固体燃料)炭素技術が推奨され、世界各国で認められ、
すばらしい評価を頂きました。

  日本で初めての“持続可能な成長エンジン‐RppwF®TM”(特許庁第4類固体燃料)低炭素技術のプレゼン
 テーションをUNEP-AIST(国連環境計画-(独)産業技術総合研究所)の国際資源燃料化技術シンポジウムで、
 当社(インド人)が行いましたところ、フィリピンなどのアジア諸国やブラジルの政府関係者や技術者の方々
 に、高い評価を頂きました。
     

 プレゼンテーションの模様は下記の動画をご覧下さい。


 *プレゼンテーションの内容は下記をご覧下さい。
  UNEP:http://www.unep.or.jp/Ietc/SPC/news-mar11/12_RPPWF

 *参考URL

UNEP:http://www.unep.or.jp/japanese/

AIST:http://staff.aist.go.jp/y-kodera/


Global Environment Centre Fondation(公益財団法人 地球環境センター)の専門家グループ
ワークショップ(大阪)にて、「RppwF®TM」 のプレゼンテーションを致しました。

  Global Environment Centre Fondation(公益財団法人 地球環境センター)の”環境上適正な技術に関する
 国際専門家グループワークショップ“(大阪)にて、当社が「RppwF®TM」(Energy from Waste Green Coal
 project)のプレゼンテーションを致しました。


 *プレゼンテーションの内容は下記をご覧ください。
 
GEC:http://gec.jp/gec/en/Activities/EST/2009/wasteplatics/B1_Kiyama.pdf


RppwF®TMの製造工程について

   特許庁に認められた第4類固体燃料「RppwF®TM」の製造工程は以下の通りです。この「RppwF®TM」は
  石炭・石油などの代替燃料とCO2の排出量が削減できると同時に、地球温暖化防止にも有効なエコロジー
  エネルギーとして注目されている国内クレジット制度認証可能な新バイオマス燃料です。


  
 

株式会社BGCT®TMの事業概要

  
  当社の事業概要につきましては、下記の動画をご覧ください。
  詳細につきましては、当社までお問い合わせください。

ニュースリリース

ニュースリリース一覧へ

2012/9/05    2012年9月4日(火)と5日(水)に、派遣元責任者講習を受講し、
 受講証明書を頂きました。
 これから色々な資格にチャレンジし、取得してまいります。ご期待ください。
  受講証明書は下記をクリックして下さい。

    受講証明書@  受講証明書A
2012/6/12   当社のfacebook公式ホームページを開設しました。下記のリンクから、
RIO+20に出展中の最新情報を、是非ご覧ください。

facebook公式ホ−ムページ:http://www.facebook.com/BGCT.KK
 2012/6/11  2012年6月20日(水)から22日(金)までの3日間、リオデジャネイロ
(ブラジル)において「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」が開催されます。
2012年6月13日(水)から24日(日)の12日間にわたり、「国連持続
可能な開発会議」における日本パビリオンが設置され、日本パビリオン内に当社が
出展し、環境技術である「RPPWFTMと呼ばれるGHG(CO2)のゼロエミッション
/カーボンニュートラルを目的とし、生物多様性の原材料によって創られた持続
可能な低炭素エネルギー(植物燃料)」をご紹介いたします。
 詳しくは、外務省のHPをご参照ください。
 2012/5/28  2012年5月22日(火)から25日(金)に日本最大規模の環境関連の展示会
2012NEW環境展 東京会場』が開催され、“RPPWF®TM”製造拠点の
1つである“エコ・リサイクルポートin広島”が出展致しました。
 エコ・リサイクルポートin広島の出展ブースヘ、多数の方にお越し頂き、大盛況の
うちに、終了致しました。
 今回、ご都合等により、展示会でお会いできなかった方、
RPPWF®TM”の低炭素技術及び固体燃料技術等の興味をお持ちの方は、
当社HPのお問い合わせより、お気軽にご連絡ください。

2012/4/18   2012NEW環境展 東京会場』出展のご案内

2012年5月22日(火)から25日(金)に開催されます日本最大規模の環境関連の
展示会 『2012NEW環境展 東京会場』 に“RPPWF®TM”製造拠点の1つである
エコ・リサイクルポートin広島”が今年も出展致します。
RPPWF®TM”の低炭素技術及び固体燃料技術等にご興味をお持ちの方は、
是非、出展ブース【展示会場:東5ホール、小間番号:G639】へお立ち寄り下さい。

2012/4/17  当社は、“RPPWF®TM”および“BGCT®TM”など、当社に帰属する商標、
意匠、著作、特許、肖像等にかかわる内容を、当社からの使用許諾を受けずに
無断で使用した、または現在使用している法人及び個人に関する証拠をつかん
でおります。
 当社から、使用許諾は一切出しておりません。
 当社は、無断使用を確認した事案に対しては、使用停止請求や損害賠償請求
などの法的措置を、断固講じます。
2012/4/9   本日、社長オフィシャルサイトを公開致しました。
 日本復興への代表の熱い気持ちが込められております。
 是非、ご覧ください。

 (企業情報のトップメッセージ及びプロローグのページにあるLinkedin
  アイコンをクリックしてご覧下さい。)
2012/4/3  ≪なりすましメールにご注意ください≫

 平素より(株)BGCT®TMをご利用いただき誠にありがとうございます。
RPPWF®TMおよびBGCT®TMなど、意匠、商標、著作、特許にかかわる内容等の
件名で、第三者が、弊社で実際に使用しています発信用のメールアドレスになり
すまし、架空のメールを送信している事象が発生しています。
 弊社からのメールで添付ファイルを伴う「身に覚えがないメール」や「内容が怪
しいメール」等につきましては、添付ファイルを開封せず削除するようお願い申し
上げます。

 (株)BGCT 代表取締役 木山通宏

2012/3/31  ≪お知らせ≫

 当社および当社グループは、以下に記載する項目に1つでも該当する者とは
 一切関係ござませんので、その旨お知らせ申し上げます。

 ・当社の名をかたり、個人名及び個人印を使用して各種契約書を締結した、
  または締結しようとした者。
 ・当社に無断で、個人のメールアドレスに対してメールを送信した者。
 ・当社の取引先、関係先に無断で訪問し、当社に対する風説の流布を行った、
  または行っている者
 ・当社と取り引き、契約を締結する前に、「反社会的勢力ではない事等に関す
  る表明・確約書」の説明を行わなかった、または行わない者。
 ・当社と取り引き、契約を締結する前に、当社所定の秘密保持契約書の説明
  を行わなかった、または行わない者。また、役員、従業員(在職中および退職
  後を問わず)として知り得た、当社の業務上および経営上の一切の秘密情報
  (媒体の如何を問わない。ノウハウとみなされるもの、個人情報を含む。)を、
  第三者に漏らした、または漏らした事実が確認できた者。
 ・過去5年間に、「暴力団による不当な行為の防止に関する法律(平成3年法
  律第77号。第31条7項を除く。)の規定に違反し、または刑法(明治40年法
  律第45号)第204条、第206条、第208条、第208条の3、第222条若し
   くは第247条の罪若しくは暴力行為等処罰ニ関スル法律(大正15年法律第
   60条)の罪を犯し、罰金刑に処せられた事があり 、その事実を偽っていた、
   または偽っている者。


2012/3/15 ≪お知らせ≫
 「今度ウチの会社が○○と合併しそうだ」などと社員の書き込みがあれば
 インサイダー情報になってしまいます。

 当社は、ガイドラインを作って周知徹底しております。

 ≪ガイドライン≫
  ・会社が営業秘密として管理している内容を漏らしてはいけない。
  ・会社内にある事業活動に有用な情報を漏らしてはならない。
  ・会社内にある公然と知られていない情報を漏らしてはならない。
  ・会社内にある個人情報を漏らしてはならない。
  ※上記内容は、退職後も遵守すること。

2012/3/11  平成23年3月11日の東日本大震災から1年が経ちました。
いよいよ復興支援に向けて活動していきたいと思います。
2012/2/28   2012年2月10日、農林水産省がバイオマス利活用の事業化
に向けた、事業化戦略を策定するための、「バイオマス事業化戦
略検討チーム」が発足されました。
 当社の “RppwF®TM”新バイオマス燃料に追い風が吹いてまいり
ました。
2012/1/3  明けまして、おめでとうございます。
昨年は、東日本大震災を機に、日本が大きく変わった年でした。
復興に取り組まれている方々の前向きな姿勢を拝見し、より一層
身の引き締まる思いです。
当社も、Save Japan(がんばろう日本)をスローガンに、復興
地域の方々とともに、今年も頑張っていく所存です。
今年も、皆様からの温かいご支援を賜りますよう、何卒宜しく
お願い申し上げます。
2011/10/1  「東京都暴力団排除条例」が平成23年10月1日施行されました。
当社も条例にのっとり、公的機関等と連携し、暴力団、暴力団員
及び暴力団関係者との関係を断固として拒否し、厳正に対処いた
します。また、契約に係る契約の相手方、代理又は媒介をする者
その他、疑わしき事を発言された方、又はその代理人の方も排除
致します。
  非常に残念ですが、当社は、法令遵守により、疑義が生じるも
の、脱法行為、不法行為、虚偽の報告を含む者もしくは、偽りを
申し出た者も排除致します。
  あわせて、当社社員の生命、安全を守ります。
  詳細につきましては、当社までお問い合わせください。
2011/9/27   9月19日〜23日までの5日間で、当社から3名が招待され、中国
(幹部学院(上海市対外教育交流センター)にて「日本企業高官
研修」を第一期生として受講し卒業致しました。研修終了後、卒業
証書と盾を頂きました。


  

  
2011/9/10   9月7日〜9日に、ネキスポ関西2011(N-EXPO/KANSAI’11)が
開催され、約1万5千人の方が来場されました。RppwF®TM製造
拠点の1つであるエコ・リサイクルポートin広島の出展ブースに、
多数お越し頂き、有難うございました。大盛況のうちに終了致し
ました。ご都合等により今回の展示会でお会いできなかった方、
“RppwF®TM”の低炭素技術及び固体燃料技術等にご興味をお
持ちの方は、当社HPのお問い合わせより、お気軽にご連絡
ください。


2011/8/18   植物由来の新燃料技術に関する、新しい特許を取得致しました。
気候変動および地球温暖化防止に貢献します。
公開については来年の予定です。
乞うご期待ください!
2011/7/28  駐日英国大使館、英国総領事館の関係者の方と英国の民間
企業の方がオフィスへお越しになり、カンファレンスを行いました。

2011/7/5  日韓 次世代成長分野協力カンファレンス(ホテル ニュー
オータニにて)韓国自治体とのビジネス協力セッションに参加し、
大変有意義な時間を持つ事が出来ました。
2011/5/30   5月24日〜27日に、2011NEW環境展が開催され、約15万7千人の
方がご来場されました。RppwF®TM展示ブースにおきましても、大盛
況のうちに終了致しました。有難うございました。ご都合等により今
回の展示会でお会いできなかった方、当社のRppwF®TMの低炭素
技術及び固体燃料技術等にご興味をお持ちの方は、当社HPの
お問い合わせより、お気軽にご連絡ください。
2011/3/25  UNEP(国連環境計画)のホームページに、2011年3月1日・
2日に行われました国際資源燃料化技術シンポジウム
(UNEP-AISTWorkshop on "Waste Plastics Management
in Developing Countries"in Tsukuba, Japan, on 1-4 March
2011)の記事がアップされました。
2011/3/23 “RppwF®TM”技術を使うことにより、CO2の排出削減事業で発生した
CO2クレジット(526tCO2)が、この度“Waste-to-Enargy”の
分野では、世界で初めて認証されました。
2011/3/21  本日、Save Japan(がんばろう日本)-東北地方太平洋沖
地震復興支援プログラム-を立ち上げました。当社の“RppwF®TM
技術をお使い頂くことにより、日本の復興・再生及び更なる発展に
貢献できます。皆様からの温かいご支援を賜りますよう、宜しくお
願い致します。
2011/3/14   3月11日の宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖
地震」におきまして被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し
上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、
深くお悔やみを申し上げます。
  被災地におかれましては、一日も早く普段の生活に戻れま
すよう、皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

                         株式会社BGCT®TM
                              社員一同
2011/3/10 3月1日・2日、日本で初めての“持続可能な成長エンジン‐
RppwF®TM”低炭素技術のプレゼンテーションをUNEP-AIST
(国連環境計画-(独)産業技術総合研究所)の国際資源燃料化
技術シンポジウムで、当社が行いました。
 盛況の内に終了致しました。お越し頂きました政府関係者、
並びに技術者の皆様、大変ありがとうございました。
2011/2/1 プレスリリース:太陽光発電の普及とともに、地球温暖化防止に
大きく役立つリチウム電池が発売されました。
 当社の“RppwF®TM”(世界初CO²クレジット取得可能な新
バイオマス燃料)との組み合わせにより、CO2排出削減に
大きく寄与します。
 詳細は当社までお問い合わせください。
2011/2/1  グジャラート州アーメダバード市で当社が中心となり、teri
を紹介し、iGES/teriの国際科学技術協力事業に関して、
「インドにおける低炭素技術の適用促進に関する研究」に
ついて、当社社員が客員研究員として参加致しました。

teri  :インド資源エネルギー研究所
iGES:(財)地球環境戦略研究機関

     
サウンド変更